29. ジグミ・シンゲ・ワンチュク国王

彼が全人類に宛てて定めた、平和と愛を示す賢明な規定により、2006年8月10日に名誉ガイドにノミネートされました。 ラエル氏は特に、経済成長に対する「国民総幸福」に重点を置いていることを称賛しました。 また、この国王がブータン王国を初の禁煙国としたこと、過度の観光による文化的汚染から国を守るための配慮、最高統治者としての権力を放棄して、民主的な手続きをとることを申し出たことなどを称賛しています。 おもに彼の努力により、今では絶対君主制ではなく立憲君主制になっています。 国民から尊敬されていた彼は、民主的な投票の後も政権を維持し、2006年後半に長男を支持して退位しました。

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー