31. エマニュエル・ミリンゴ大司教

2006年11月7日、名誉ガイドにノミネートされました。 このザンビア大司教は、長年にわたるバチカン政策の変化を求めることを使命としました。 司祭の結婚を認めるよう修道院長の説得に成功していたならば、彼は、多くの罪のない子供たちを性的虐待から救うことができたかもしれませんが、既婚者を出家させたことでカトリック教会から破門されてしまいました。 カトリック教会には、多数の小児性愛者が存在することが広く知れ渡り、本当の姿が伝わっていますが、その対処法は、神父が普通に性生活を送れるようにする事しかありません。

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー