33. タリ・ファヒマ

2007年1月4日に名誉ガイドにノミネートされました。 このイスラエルの平和活動家は、パレスチナの過激派を支援した罪で、3年の実刑判決を受け、その3分の2を服役しました。 「私はアラブ人がここにいるべきではないものと考えるように育てられました」と彼女はテルアビブの週刊紙Ha’irに語っています。 「ある日、自分の情報には多くのギャップがあり、メディアには載っていない事柄があることを理解しました。それは人間についてであり、私たちはその人たちの生き方に責任を持たなければならないことに気がついたのです」

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー