34. エイアル・シヴァン

2007年2月20日に名誉ガイドにノミネートされたシヴァン監督は『ルート181:イスラエル・パレスチナの旅の断片』という、物理的な風景とそこで生活する人間の分断を描いた映画を制作しました。 彼はその中で、パレスチナ人に対するイスラエル人の深い人種的憎悪をとくに強調して描いています。

映画 『Route 181: Fragments of a Journey in Israel-Palestine

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー