54. マイケル・ベイリー

自身のカリキュラムの中で「プレジャー・デモンストレーション」を実施したことが評価され、2011年3月11日より名誉ガイドにノミネートされました。 科学者の間では、性的指向の因果関係を扱う学問分野の研究でよく知られています。また、書籍『The Man Who Would Be Queen』を執筆し、強烈な批判から賞へのノミネートまで様々な反応を引き起こしましたが、後に賞の運営を行っているdLambda Literary 財団からは、賞が撤回されています。

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー