8. マイケル・ムーア

2004年4月21日、名誉ガイドにノミネートされました。 彼の2002年のドキュメンタリー『Bowling for Columbine』は、銃キチガイのアメリカにおける暴力と恐怖を描き、ネガティブな文化的環境に責任を負う根本的な態度を探求しました。 その後、彼は他にも思索的で物議を醸すドキュメンタリー映画を制作していますが、その特徴は、確かで評判の良くない事実に裏打ちされた執拗な真実の探求が挙げられます。

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー