89. エボ・モラレス

南米における米国帝国主義や国際的な巨大資本主義に立ち向かうその行動により、2017年5月20日(a.H.71)にマイトレヤ・ラエルより名誉ガイドにノミネートされました。 同国初の先住民族出身の大統領として広く知られ、左翼政策の実施、貧困削減、米国や多国籍企業のボリビアへの影響力との戦いに力を注いできました。 モラレス氏は「世界で最も人気のある指導者の一人」に挙げられていました。

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー