UAEがイスラム法を緩和し、飲酒、婚外でのセックスを認め、「名誉殺人」を犯罪化すると国営メディアが発表

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
ポジティブなニュースがあって良かったです…。

 

アラブ首長国連邦は、イスラム教の個人法を改正するために動いており、未婚カップルのアルコールや同棲への制限を緩め、「名誉殺人」に対する甘い罰則を廃止すると、国営メディアが伝えました。

政府が運営するWAM通信が土曜日に発表したこの変更は、「UAEの寛容の原則を強化する」ことで、湾岸国の経済的・社会的な側面を向上させることを目的としています。 しかし同通信は、新しい緩和ルールがいつ発効するのかは明言していません。

この地域における他のどのエリアよりも、欧米化された観光のホットスポットとして自国を位置づけているこのイスラム教の国では、アルコールの消費、所持、販売について、21歳以上の人に対する罰則が撤廃されます。 UAE市民はこれまで、バーや自宅でビールなどの酒類を飲むには特別な免許が必要でした。

今回の改革では、”未婚夫婦の同居 “も可能になります。 アラブ首長国連邦では、以前からこのような行為は犯罪とされてきましたが、ドバイなどの金融ハブに住む外国人に対しては、法律が施行されることはほとんどありませんでした。

いわゆる「名誉殺人」を犯した男性に対して、情状酌量の余地があるとする判決を出すことを認めていた法律条項も削除されます。 これらの犯罪は、これからは通常の殺人として扱われます。

人権団体によると、中東や南アジアでは毎年何千人もの女性が「名誉殺人」の犠牲者になっているといいます。これは、親族がイスラム法に何らかの形で違反し、家族に「恥」をもたらす女性や少女に対して行われるものです。

今回の改革は、長年の敵であったUAEとイスラエルの関係を米国が仲介して正常化したことで、湾岸諸国への投資や多くのイスラエル人観光客をもたらすことが期待されています。

またドバイでは、2021~22年に万国博覧会が開催されます。 この大きな国際イベントには約2,500万人が訪れる予定で、UAEの経済活動を大きく後押ししています。 同博覧会は当初、今年開催される予定でしたが、新型コロナによるパンデミックのため延期されました。

https://www.rt.com/news/506013-uae-personal-laws-reform/?fbclid=IwAR3NQyyEv0jsVoibso-8jj8rO_L2ZAqoINLVdQJJPYOUY28SkRw9zbPYTL8

真実はここに!

Intelligent Design A Message from the Designers by Rael
.

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Even better, don’t use masks

RAEL’S COMMENT: Whe …

ジェラール・ドパルデュー氏が12月に “レイプ “で起訴されていた

ラエル氏のコメント: 起訴を受けても有罪判決と同然 …

仏の大手スーパーマーケットをボイコット

ラエル氏のコメント: 現金を拒否するオーチャンやそ …

「ハンターを憎み、軽蔑します…」 ~ブリジット・バルドー

ラエル氏のコメント: ブリジット・バルドーの寄稿記 …