WHO、欧州での新たな「流行」を警告

ラエル氏のコメント:
もしかしたら、抗肥満ワクチンでも推進するのでしょうか?

世界保健機関(WHO)は、ヨーロッパにおける肥満率が「疫病の割合」に達していると発表しました。 この問題は、火曜日に開催された欧州肥満学会で発表された主要な報告書で強調されたものです。

健康問題に関する監視機関は、2025年までに肥満率の上昇を止めるというWHOの世界的な非感染性疾患(NCD)目標を達成できる国はないだろうと述べ、「この割合はまだエスカレートしている」と警告しています。

この報告書では次のように記されています。「驚くべきことに、体重過多と肥満の有病率は一貫して増加しており、2025年までに肥満の増加を止めるという目標に到達している地域加盟国は一つもない状況である」

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

アパルトヘイト国のイスラエルに殺害されたラハフ・アル・マスリ君

ラエル氏のコメント: ウクライナにまるわるロシアへ …

中国、G7に「余計なお世話」と発言

ラエル氏のコメント: (RTの記事からラエル氏が引 …

シェリーヌ・アブー・アクレさんの死について調査を求める声が高まる

ラエル氏のコメント: 制裁措置??? = 0.00 …

ウクライナを巧妙に利用!

ラエル氏のコメント: 断って下さい!