WHOが急転換! ロックダウンは終わりだ、もう十分!

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
「苦しい質問です。私たちは1年前、WHOの勧告を口実にロックダウンを余儀なくされたことを考えると、そのWHOが何ヶ月も前から、それは役に立たないと発表しているにも関わらず、科学評議会はまだ私たちをロックダウンしようとしているのはどうしてなのでしょうか?」~Pascal Tenno

つまり公式見解として、地球上の至る所で私たちは大したことのないものに影響を受けていたということです。 我々は無駄に世界経済をダメにし、 無駄に人類を絶望に追いやったのです。

しかし、大したことのないものについて、誰が我々に影響を及ぼしたのでしょうか? それはWHOです。 そして、WHOが間違っていたと誰が教えてくれたのでしょうか? それもWHOです。 1年にもわたって我々にこんな拷問を課しておきながら、誰が許しを請うというのでしょうか? 誰もいません。

このことは、オンラインマガジンの『Contrepoints』によって明らかにされています。

『SARS-COV2が登場して以来、ウイルスの感染メカニズムを理解し、病気の広がりを遅らせたり、止めたり、最善の管理をするための健康戦略を推し量るために、地球上で多くの研究が行われてきました。これらの研究結果が徐々に出てきたことで、WHOの勧告にもこの情報が反映されるように変化してきています。国際保健機関は冬の始まりに、確かに多くの国でルールとなっている完全に抑圧的な健康政策を断固として打ち切るため、180度の方針転換を図っています』

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

Intelligent Design A Message from the Designers by Rael
.

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

さらに良いのは、マスクを使用しないこと

ラエル氏のコメント: 無用で危険なマスクをつけてい …

ジェラール・ドパルデュー氏、レイプ容疑で起訴

ラエル氏のコメント: 起訴を受けても有罪判決と同然 …

仏の大手スーパーマーケットをボイコット

ラエル氏のコメント: 現金を拒否するオーチャンやそ …

「ハンターを憎み、軽蔑します…」 ~ブリジット・バルドー

ラエル氏のコメント: ブリジット・バルドーの寄稿記 …