キリスト教徒をいじめることで専制政治になりつつあるカナダ

ラエル氏のコメント:
「『カナダ権利と自由憲章』では、すべての人が良心、宗教、平和的集会、結社の自由という基本的な自由を有するとしています。」Micah Curtis/Game & Tech 誌 ジャーナリスト

カナダの教会は、権利と自由の憲章で宗教や集会の権利が保護されているにもかかわらず、Covid-19制限の積極的な取り締まりを受けています。 なぜキリスト教徒が狙われているのでしょうか?

Covid-19の危機が始まって1年以上が経ちました。 その間にワクチンが開発され、世界中で配布されており、みんなが普通の生活に戻れることを願っています。

しかし、パンデミックの際、政府による規制で次々と問題が発生したのがキリスト教徒です。 凍てつく大地であるカナダでは、教会に戻りたいと願うキリスト教徒が狙われているようで、緊張感が漂い始めています。

続きを読む

元記事はこちら

진실을 확인해 보세요.

1973년 라엘이 UFO를 만나 우리의 창조자들에게 전해 받은 메시지를 읽어보세요!

다른 행사들

팔로우 신청하기

라엘 아카데미

you might also like

고정된 주거지 없음

라엘의 논평: SDF는 고정된 주거지가 없다는 것을 의미한다. 부의 정도와는 아무런 관련이 없다. 누군가는 부유하지만 고정된 주거지가 없을 수도 있다. 많은 부자들은 고정된 주거지가 없다. …

77년 전

라엘의 논평: 그것은 보잉이었다.

낙원 섬?

라엘의 논평: 섬만 보면 멋지다! 그러나 이 모든 보트들 때문에 끔찍하다!

어떤 영혼 말인가?

라엘의 논평: 영혼은 없다