オーストラリアでCovidワクチンに関する賠償請求が急増

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
そうです、大手製薬会社は、副作用に関する訴訟から自分たちを守るための条項を交渉していました。しかし、これらのワクチンを施行する政府は、いかなる形の保護も受けていません。 彼らはよく考えるべきです。 しかし見方によれば、その損害賠償金は、納税者から支払われるので、実のところ彼らは気にしていないのです…。 あなた方からです! 選挙の時にはそれを忘れないでください。

オーストラリア政府は、Covid-19ワクチンによって副作用や収入減を被った人々から1万件以上の賠償請求を受け、数千万ドルの支払いを余儀なくされる可能性があります。

無過失補償制度の下では、対象となる請求者は、ワクチン接種後に入院したことによる医療費や逸失利益に対して、5,000AUドル(約41万円)から20,000AUドル(約165万円)の補償額を申請することができます。 この制度のオンラインポータルサイトは、来月にも開設される予定です。

公式発表によると、9月に保健省のウェブサイトで登録を開始して以来、すでに1万人以上の人々が請求の意思を示しているといいます。 それぞれの請求が認められた場合、政府は少なくとも5,000万豪ドル(約4.14兆円)の請求を受ける可能性があります。

国民健康保険商品を規制する治療製品局によると、11月7日現在、オーストラリアでは、Covid関連の予防接種に対する約78,880件の有害事象が発生しています。 副作用の大半は、頭痛、吐き気、腕の痛みなどの軽微なものです。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Researching all the negative will affect your immunity and detract from our mission.

RAEL’S COMMENT:  JU …

Fake reality

RAEL’S COMMENT:  An …

病院活動分析2020

ラエル氏のコメント: 公式報告書によると、2020 …

ベトナムで誰かがある木に蘭の接ぎ木を

ラエル氏のコメント: 接ぎ木ではなく、共生ですね。 …