地球外文明が地球上の全生命を創造

世界中の古代文献や伝統では、知的で力を備えた存在が、空から乗り物に乗って地球にやって来たことを伝えています。 これらの出来事の説明に使われた言葉は、技術的に進歩した存在との接触を説明しようと、技術的に未発達状況にあった文化を営む人々によって用いられたものでした。

私たち自身が科学の時代に突入した現在にあっては、高度な発展を遂げた人類によって、生命が(神秘的にではなく)科学的にいかに生み出されるかを理解できるようになってきました。

地球人は科学的に創造されたは、きわめて高度な発展を遂げた地球外文明からやって来た人間によって、マイトレーヤ・ラエルに明かされた特別なメッセージを詳述しています。 地球外生命体の証拠を探している人々はもう、人類が最も大切に扱っている古文書以外のものを探す必要などはありません。 ヘブライ語原典の聖書に登場する「エロヒム」(あるいは他の宗教文献に登場する「アヌンナキ」、「ブラフマー」、「シヴァ」、「ヴィシュヌ」)は、高度な科学力を用いて、地球上のすべての生命を意図的に創造したのです。

聖書に登場するエロヒム

何千年もの昔、他の惑星から科学者たちが地球に飛来し、「彼らの姿に似せた」人類を含め、あらゆる形態の生命体を創造しました。 その高度な技術に起因して、彼らは私たちの原始的な祖先によって神々と勘違いされ、しばしば、古代ヘブライ語で「天空から飛来した人々」という意味をもつ『エロヒム』という名で呼ばれていました。 複数形の単語であるにもかかわらず、時間の経過とともに、『エロヒム』という語は、現代の聖書で言及されているように、単数形の「神」に誤訳されました。

科学的な創造

エロヒムはDNAと高度な遺伝子工学を用い、単純な生物から始めてあらゆる形態の生命を創造し、科学を進歩させるに伴って植物や動物などさらに複雑な生命体を、そして最終的には、自分たちの姿に似せて人類を創造しました。

預言者

時代を超え、エロヒムは(ほんの数人の名前を挙げると)モーセ、ブッダ、イエス、モハメッドを含む多くの預言者との接触を保ちました。 彼らはみな、愛と調和と平和のメッセージにより、時代を超えて人類を導くため、エロヒムによって選ばれました。

アポカリプス

1945年、広島に最初の原子爆弾が投下されました。この時、人類は新たな時代に突入しました。かねてから予言されていた『アポカリプスの時代』です。(『アポカリプス』という単語の語源は『真実の啓示』を意味します)人類は今や、科学を駆使して「黄金時代」を迎えるか、自己破滅するかの重要な段階に達してしまいました。 エロヒムが最後の預言者を送る時が来たと決めたのはこの時でした。彼が私たちの真の起源を明らかにし、過去の預言者たちが成し得なかった神秘の解明を行うでしょう。

宇宙人大使館

私たちの創造者であるエロヒムは、公式に帰還し、世界の指導者たちと会見を行う大使館を建設するよう、私たちに依頼してきました。

1953年にDNAが発見されて以来、
私たちは、生物科学の分野で驚異的なブレークスルーを目の当たりにしてきました。そして今では、私たちの身体の中にあるすべての生細胞が、非常に複雑なものであることを理解しています。 そして、これほどのレベルの精巧さと緻密さを真に理解したとき、「知的な創造活動」が介在している、という考えを否定することはできません。

現代の発見

この無神論である「インテリジェント・デザイン論」は、神を信じる者と進化論者の間にある古くからの議論に、合理的な解決策を提供しています。 今日の科学的発見だけでなく、あらゆる文化に存在する古代の歴史的記述とも矛盾を生じないものです。

しかし、私たちの言葉を鵜呑みにはしないでください!
デザイナーたちからのメッセージである『地球人は科学的に創造された』を直接手にとってご覧頂き、ご自身で確かめてみてください。

あなたの世界を見る目が変わることを
保証します!