私たちの価値観

自尊心

このような尊重の念は、自然との調和があってこそ成り立つ、健康的なライフスタイルを必要としています。

それには、瞑想やリラクゼーション、健康的な食事を取り入れることなどが含まれます。 薬物、タバコ、アルコールは、これらの物質が私たちの遺伝子コードを破壊し、来たるべき世代に欠陥をもたらす可能性があるので避けるべきです。

自分自身への愛

決して完璧ではない、ありのままの自分自身を受け入れます。

ありのままの人生を生き、自身の心地よさを実感し、人生を切り開き、自身を開花させます。 この信念は、健全でポジティブな思考の育成に寄与し、自身や他人に対する思いやりを育み、あらゆる攻撃性を取り除きます。 罪悪感と恐怖は、私たちの健康を損なう毒素の分泌につながるだけです。 自分への愛は、これらの感情を認識し、ストレスを排除することでのみ実現できます。

分かち合い

すべての人は、たとえ働かずとも、生涯にわたって衣食住と教育を受ける権利をもっています。 また、働く人々には、贅沢を享受する権利があります。それは人間の進歩の原動力です。 贅沢の度合いは、達成した仕事と社会にもたらした進歩に比例するものであるべきです。

他者への尊重心

私たちの間にある違いを尊重します

人類は多様性から豊かさを得ており、お互いに異なれば異なるほど、私たちはより豊かになります。 ですから、人種、文化、宗教、性的な違いに関わらず、その違いを十分に生かしてゆくことを人々に奨励しています。

責任

すべての人間は、たとえ命令に従っているだけであっても、その行動には常に責任が伴います。人はみ
な、自身の運命や成功、失敗において、その主人です。 そして、たとえ命令に従っているだけであっても、すべての人間には常に責任が伴います。人はみ したがって人は誰しも、自身の良心に反する命令の実行は拒否しなければなりません。

『自身の良心に反するならば、誰からのものであれ、いかなる命令にも従ってはなりません』 ~ マイトレーヤ・ラエル

生命の絶対的尊重

一人の人間を救い、人類全体を救う

ある一人の人間を処刑すれば全人類を救えると、たとえいかなる権力者が貴方に仕向けようとも、その人間を殺してはなりません。なぜなら、一人の非暴力的な人間の命は、全人類と同様の重みがあるからです。

女性らしさ

女性らしさとは愛です。 この星をもっと女性らしくし、英知と女性らしさが手を取り合うことを意識することが大切です。 もし地球上のすべての人々が女性的で洗練された存在になれば、もはや戦争はなくなるでしょう。 女性らしさが人類を救済し、滅亡を防ぐ上での道であるならば、この女性らしさを発達させることは欠かせません。 性別に関係なく、それは各個人の責任になってきます。

「礼儀正しさとは、女性らしさの尊重心を表す規範であり、基本となるものです。尊重と礼儀正しさを示す新しい方法を見つけ、創造しましょう」 ~ マイトレーヤ・ラエル

世界平和

「平和維持軍」という地球規模の軍隊に支えられた世界政府の創設

「平和維持軍」という地球規模の軍隊に支えられた世界政府の創設は、各国の軍隊の排除を可能にするでしょう。 それまでに投じられてきた軍事予算は、世界の飢餓との戦いや、地球の救済、普遍的な平和維持などへ費やされることになるでしょう。

非暴力

暴力に訴えるぞという脅しは、暴力そのものと同様に厳しく罰せられるべきであり、それを口にする個人は、暴力の行使によって自身の意見を押し通せる可能性を知らしめています。

『近くの隣人と遠く離れた隣人の両方を愛することで、彼らに良いことをしながら、自分自身を高めることができます』 ~ マイトレーヤ・ラエル