ラエル氏とは?

マイトレーヤ・ラエルは、他の惑星に住む創造主エロヒムによって遣わされた最後のメッセンジャーであり、人類に宛てた最後のメッセージをすべての人に伝えるよう求められました。

レーシングカー・マガジンの出版で成功を収めていた当時27歳の彼は、1973年12月13日の朝、フランスの中心部にある火山公園 “ピュイ・ド・ラソラ”で、驚くことに他の惑星から来た一人の人間と遭遇します。 この異星人は、私たちの起源や来たる将来に向けた準備方法などの情報を、新たに詳しく説明しました。 書籍『地球人は科学的に創造された』に記されているように、同じ場所で6日間にわたって会見を行った後、ラエル氏は自身に与えられた使命を受け入れました。それは、この革命的なメッセージを人類に伝え、神秘的な考えや恐れを抱かずに、意識的で感謝に満ちた人間として、創造主であるエロヒムを迎えるための準備を整えることでした。 この壮大な目的を考え続けた数ヶ月後、ラエル氏は胃潰瘍を発症しそうになりましたが、最終的にはスポーツカー・ジャーナリストとしてのキャリアを断念し、彼が出会った異星人ヤーウェから託された任務を果たすことに専念する決意をしました。 出会いから1年も経たないうちに、彼はなんとかこの出来事をまとめ上げて書籍化し、フランスの主要なテレビとラジオの2つの番組に出演して、一般講演会の告知を行いました。 1974年9月19日にパリで開催されたこの初めての一般講演会には、2000人以上もの参加者たちが押し寄せました。 その後まもなく、彼はマデク(MADECH)という協会を設立します。これは、後にラエリアン・ムーブメントとなり、彼の壮大な使命の達成を支援しようとする人々が集まった組織でした。 1974年末までには、協会の会員数は170名を数えるまでになりました。 今では120カ国以上で10万人以上のメンバーを擁するまでになっています。

1975年10月7日、彼は2回目の遭遇をし、当時の2冊目にあたる本に記されることになる追加の情報を与えられましたが、これについても現在は書籍『地球人は科学的に創造された』に記されています。 それ以来ラエル氏は、世界各地で講演会やセミナーを開催し、創造者たちを歓迎したいという思いを共有する人々を集め、世界中を旅してきました。

他にも数冊の著書があり、 彼の教えの根幹をなす『ハーモニー メディテーション』 、この惑星をより知性的に管理することを提唱している『天才政治』、科学のおかげで永遠の存在になる可能性や、輝かしい未来を予感させることを伝えている『クローン人間にYes!』 などがあります。

長年にわたりラエル氏は、さまざまな公的運動を巻き起こしてきました。コンドームの使用に関する学校でのプロモーション、マスターベーションの促進、「違いを容認するだけでは十分でなく、その違いを愛するべきである」というスローガンのもと、マイノリティを支援する世界的なキャンペーン、人権を無視したすべての宗教書の検閲を求める物議を醸す要求、クローンエイド社の設立を通じたヒトクローニングの支援、地球上のすべての人間が食物を得る唯一の可能性を秘めた遺伝子組み換えの推進、割礼を受けた女性が再び快楽を味わえるようクリトリスの修復を行う支援団体 クリトレイドの設立、アフリカ合衆国を創設することを目的とした、アフリカの伝統的酋長たちへの参集の呼びかけなどです。

ラエル氏は、CNN、FOX、BBC、60 minutesなどのニュース番組や、BBCやCBSのトーク番組など、世界中の主要なテレビ番組のほとんどにゲストとして出演しています。 科学における展望を説明するためアメリカ議会に招待され、2000年にはコンゴのドニ・サスヌゲソ大統領から国賓として招待されるなど、世界の多くの指導者の賓客となっています。 フランスの作家ミシェル・ウエルベック氏や、PLAY BOY誌の発刊者であるヒュー・ヘフナー氏など、多くのアーティストも彼を認めています。

仏教徒にとっての弥勒菩薩、ユダヤ人にとっての救世主、キリスト教徒にとっての精霊、あるいは世界中の多くの集団がつけた名前が何であれ、地球上のあらゆる文化において、一人のメッセンジャーの到来が期待されています。 この待ち望まれたメッセンジャーは、これまでの全てのメッセンジャーたちと同様、すべての人々の期待に添うものではないかもしれませんが、彼は創造者たちが私たちに望んでいることを表明しています。 こうしたことは、ラエル氏が40年以上前から行っていることであり、2035年までに建設するよう要請された大使館に創造者たちを迎えるため、何も所有しないことを誓いながらくまなく旅を続け、そのすべてを捧げているのです。

最初の遭遇

1973年12月13日の朝、レーシングカー雑誌のビジネスを成功させていた当時27歳のラエル氏は、他の惑星からやって来た一人の人間と途方もない出会いをします。 その訪問者は、自身をヤーウェと名乗りました。

同じ場所で6日間にわたって会見を行った後、ラエル氏は自身に与えられた使命を受け入れました。それは、この革命的なメッセージを人類に伝え、創造者たちを迎えるための準備を整えることでした。

第二の遭遇

ラエル氏は宇宙旅行に招かれ、エロヒムの惑星を訪問し、そこですべての偉大な預言者たちに会いました。

45年以上にわたる献身的な期間を通して

自分自身を高め、全人類を愛することがいかに大切であるかをラエル氏は教えて下さっています。

つねに私たちを導き、人類を救うための特別な人道的運動を起ち上げてきました。

ラエル氏の経歴

rael_singer

シンガーソングライター

ラエル氏は、1946年9月30日にフランスのヴィシー地方でクロード・ヴォリロンとして誕生し、叔母や祖母によってアンベールで育てられました。 詩、歌、作曲に熱中したラエル氏は、15歳で家を出てパリに渡り、クロード・セラーという芸名で歌手として活動します。

ジャック・ブレルの大ファンであった彼は、キャリアの初期にこのベルギーのスターが出演していたパリにあるすべてのキャバレーで歌いましたが、その際はとくに「L Echelle de Jacob」をよく歌っていました。

rael-car_race

スポーツカー・ジャーナリスト

彼は自身でカーレース雑誌を創刊し、フランスのレーシングカー雑誌の人気ナンバー1となり、自身に貸し出されたレーシングカーをレースで走らせることができるようになりました。

rael_racer

レーシングドライバー

アラン・プロストなどのチャンピオンを輩出したフランスのマニクールにある有名なウィンフィールド・レーシングスクールを卒業しています。 誰もが驚くべきことに、彼はフランスのアルビ・サーキットでの初レースで、経験豊富な有名ドライバーたちを相手にポールポジションを獲得しました。

彼はすぐにファーストラップ・ドライバーとして知られるようになり、1周目に7台も他の車を追い抜くこともありました!

ハピネス・アカデミー

with

最後の預言者ラエル

自分自身を愛すること、人生の意味、幸福を発見する

最後の預言者から学んでみませんか? ラエル氏はまだ私たちと共にいます!

最後の預言者であるラエル氏と一緒にこの人生体験をするチャンスです