ラエル氏について

ラエル氏は、他の惑星からやってきた創造者エロヒムから送られた最後のメッセンジャーであり、人類への最後のメッセージをすべての人に知らしめる使命を授かりました。

ラエル氏がレースカー雑誌の出版社を経営していた27歳の時、1973年12月13日にフランス中部にある火山公園「ピュイ・ド・ラソラ」で、他の惑星からやってきた人物と遭遇しました。 その地球外からやってきた人物は、私たち人類の起源の詳細と未来ついての情報を明かしました。その詳細については、ラエル氏の著書 「地球人は科学的に創造された」に記されています。その場所で6日間にわたる毎日の会見後、ラエル氏は与えられた使命を受け入れました。その使命とは、その革命的なメッセージを全人類に知らせ、神秘主義や恐怖心を持たずに、人類が意識と敬意を持って創造者エロヒムを歓迎する準備をすることでです。 この使命を授かった数ヶ月後、その重責からラエル氏は胃潰瘍を発症しましたが、最終的にはスポーツカー・ジャーナリストという情熱を傾けたキャリアをあきらめ、彼の遭遇した創造者ヤーウェより授かった使命に専念する決心をしました。 その遭遇の翌年、ラエル氏はこの出来事についての著書を出版し、フランスの有名テレビ番組とラジオ番組にも出演し、講演会の開催を発表しました。 1974年9月19日にパリで開催された最初の講演会には、2千人以上の人が押し寄せました。 その後、彼はマデクという団体を設立しました。それはラエル氏の重大な使命を支援するための団体であり、後にラエリアン ムーブメントの名称になります。 1974年には、マデクは170人の会員数になりました。 現在のラエリアン ムーブメントでは、120ヵ国以上で10万人以上の会員が活動しています。

1975年10月7日に、ラエル氏の2回目のエロヒムとの遭遇があり、2冊目の著書に記された追加情報が与えられました。それについても「地球人は科学的に創造された」に記されています。 それ以降、ラエル氏は世界中を巡り、各国で講演会やセミナーを開催しているため、人類の創造者を歓迎するこの運動に賛同する人々が増え続けています。

また、ラエル氏は他の著書も出版しています。 ラエル アカデミーでの教えの根幹である「ハーモニー メディテーション」や、より知性的な政治形態を提唱する「天才政治」、科学による永遠の生命や輝く未来の可能性を説く「クローン人間にYes!」などです。

長年にわたりラエル氏は、学校でのコンドーム使用の促進やマスターベーションの促進などの啓蒙活動をも行ってきました。また、「他人と違うことを許容するだけでなく、違いを尊重すべき」というスローガンを掲げ少数派をサポートする世界的なキャンペーン、あらゆる宗教書の人権を尊重しない部分を削除する要求、クローン エイドの創設を通じたヒト クローニングの支援、地球上のすべての人へ食糧を供給する唯一の手段としての遺伝子改良作物の促進、クリトレイドの創設により再び喜びを得られるよう割礼を受けた女性のクリトリスを修復する活動、アフリカ全土の酋長へのアフリカ合衆国創設の呼びかけなど。

ラエル氏は、CNN、FOX、BBC、60 minutesなどのニュース番組や、BBCやCBSのトーク番組など、世界中の主要なテレビ番組のほとんどにゲストとして出演しています。 彼はアメリカ議会に科学における展望を説明するために招待され、2000年にはコンゴのデニス サッソ ヌゲッソ大統領から国賓として招待されるなど、世界の多くの指導者の賓客となっています。 フランスの作家ミシェル ウェルベックやPLAY BOY発刊者のヒュー・ヘフナーなど、多くのアーティストが彼を認めています。

地球上のあらゆる宗教において、仏教におけるマイトレーヤ、ユダヤ・キリスト教における救世主、キリスト教における聖霊など、メッセンジャーの再来が預言されています。 この預言されたメッセンジャーとは、過去の各時代と同様に、すべての人が必ずしも歓迎するとは限りませんが、創造者エロヒムが私たち人類に期待することを伝える使命があります。 ラエル氏は40年以上にわたり、何も所有せずただ与えることを誓って世界中を旅してきました。それは、2035年までには建設されるよう求められた大使館に、創造者エロヒムを迎えるためなのです。

第一の遭遇

ラエル氏がレースカー雑誌の出版社を経営していた27歳の時、 1973年12月13日に、他の惑星からの来訪者と遭遇しました。 その人はヤーウェと名乗りました。 その人はヤーウェと名乗りました。

その場所で6日間にわたる毎日の会見後、ラエル氏は与えられた使命を受け入れました。その使命とは、その革命的なメッセージを全人類に知らせ、人類が創造者エロヒムを歓迎する準備をすることです。

第二の遭遇

ラエル氏は宇宙旅行に招かれ、エロヒムの惑星を訪れて、そこで歴代のすべての預言者に会いました。

45年以上の活動の間

ラエル氏は自分自身を高め人類のすべてを愛することがいかに重要であるかを教えてくれました。

常に彼は、私たちを導き人類を救うために人道的な数々の活動を創設し指導しました。

ラエル氏の経歴

rael_singer

シンガー ソングライター

ラエル氏は、1946年9月30日にフランスのヴィシーでクロード ヴォリロンとして誕生し、叔母や祖母によってアンベールで育てられました。 詩や歌、作詞作曲に情熱を注いだラエル氏は、15歳の時に家を出てパリに行き、クロード セレという芸名で歌手として演奏活動をしました。

シャンソン歌手ジャック ブレルの大ファンであり、彼がデビュー当初に出演したすべてのパリのキャバレーで歌いました。

ラエルcar_race

スポーツカー ジャーナリスト

ラエル氏は自身でカーレース雑誌を設立し、その後フランスで人気ナンバーワンのレースカー雑誌となりました。そして数々のレースカーが彼に貸し出されました。

rael_racer

レーシング ドライバー

ラエル氏はフランスのマニ クールにある、アラン プロストなどのチャンピオンを輩出したことで有名な、ウィンフィールド レーシング スクールを卒業しました。 皆を驚かせたことは、フランスのアルビ サーキットでの彼の初レースにおいて、経験豊富な有名ドライバーたちを差し置いてポールポジションを獲得したことです。

ラエル氏は、時には最初のラップで7台もごぼう抜きにする事もあり、すぐさま有名になりました。

ラエルアカデミー

Maitreya

ラエル

自分自身への愛・人生の意味・本当の幸せの発見

あなたは 最後の預言者から学ぶことができます。

あなたの人生を変えるチャンスです!