よくある質問

ラエリアン メッセージ

エロヒムはより高度な人間の種族によって創造され、その人間もまた別のより高度な人間の種族によって創造され、そして、その人間もまた・・・と言う風に、この創造のサイクルは無限に続くと、エロヒムは説明しました。私たちは生命の永遠のサイクルの中の、もう一つのリンクに過ぎず、いつの日か、私たちの科学者たちも、また別の惑星に旅をして、エロヒムが我々の惑星で行ったのと同じ方法で生命を創造するでしょう。

エロヒムは侵略者ではありません。彼らは来訪したい意思を示していますが、ノーという我々の選択も尊重します。彼らを招待するのは私たち次第であり、そして、私たちの招待状は大使館なのです。それが最低限私たちができることです。
大使館の中立性、自由な空域、そして、各国の公式な歓迎がなければ、エロヒムの突然の望まれていない地球への着陸は、政治的、経済的、社会的に、世界中に悲惨な結果を伴う影響を与えるでしょう。ラエルは地球上での彼らの大使であるため、エロヒムはラエル哲学以外の政府や宗教、イデオロギーを支持しません。したがって、私たちが大使館を建てた時にだけ、彼らは来訪するでしょう。これが彼らの私たちへの愛と尊重なのです。

なぜなら、エロヒムが予告なしに、地球上の国々に望まれていない状況で着陸すると、地球上に大混乱を引き起こし、世界各国の政府は彼らを侵略者と見なして、その結果、彼らに対して地球側の軍隊で報復するぞと、脅かすことになってしまうからです。この悲惨なシナリオを回避する唯一の方法が、エロヒムが誰であるかの認識を高め、ラエルのメッセージを世界中に先に広めることです。その時にだけ、私たちを愛し、我々の世界政府と公式に会い、彼らの科学的遺産を共有したいと考える創造者たちの帰還を、心に思い描くことが出来ます。

ラエリアン哲学は、信じると言うよりは、むしろ、理解する哲学です。だからこそ、ラエルを盲目的に信じるのではなく、むしろ、彼の本─「Intelligent Design─地球人は科学的に創造された」を読んだあとに、自分で調査して、自分自身の結論を導き出してほしい、とラエルは言います。

ラエルの本に書かれていることは、古代のあらゆる宗教的な文献、伝説、伝統、そして、現代科学によって確認され、支持されています。 人類と他の惑星からやってきた生命体とのコンタクトの痕跡は、歴史を通して全ての大陸で見つけることが出来ます。さらに、40年以上前にラエルが言及したように、過去数十年の間に達成された私たちの科学における飛躍的進歩の多くは、起きる運命にありました。

ラエリアン・ムーブメント

いいえ。ラエリアン・ムーブメントは、ラエルを含む全ての会員に対して、給料を一切支払わない非営利の組織です。全てメンバーが、ラエルの使命の重大さを理解し、自分の自由時間の一部を寄付してくれるボランティアです。
ラエリアン・ムーブメントの資金が、ラエルへの収入として使われないことを確実にするため、ラエルを経済的に支援する「ラエリアン財団」という別の組織があります。 ラエリアンは、望むなら、この基金に寄付をしてもいいのですが、それは義務ではありません。

私たちの社会は、まだ貨幣制度に基づいているので、ラエリアン・ムーブメントも世界中での活動に資金供給するために寄付金に頼っています。

ラエリアン・ムーブメントへの寄付金は、私たちの主要な2つの目標のために使われます。
1) エロヒムからラエルに与えられたメッセージを人類に知らせる(チラシ、ポスター、掲示板広告、講演会、このウェブサイトのホスティング費用など)。
2) エロヒムを公式に迎えるための大使館を建設する。

ラエリアンとして、私たちは無神論者であり、それは、超自然的で不可解な神を信じていないことを意味します。 私たちの祖先が「神」について話したとき、実は、ヘブライ語聖書の中で「エロヒム」と呼ばれる、科学的に高度な地球外文明について話していたことを、私たちは理解しています。そして、旧約聖書に出てくる「エロヒム」という言葉は、文字通り「天空より飛来した人々」と訳すことができ、また、先住民たちは彼らを「スカイ・ピープル」と呼びます。 当時、科学的な理解が不足していたために、迷信や神秘主義、妄想に満ちた世界になってしまったのです。

私たちより2万5000年も科学的に進んだエロヒムは、宇宙を創造したのではなく、生命が存在していない時の地球にやってきて、最終的に、巨大な研究所を建設し、高度な遺伝子工学技術を駆使して、すべての生命を科学的に創造したのです。 彼らは単純な生物の創造からはじめ、最終的には、聖書の創世記1:26に書かれているように、「彼らの姿に似せて」人間を創造しました。 今日、私たちは科学の時代に生きていますが、このような並外れた科学的な取り組みの妥当性を理解し、受け入れることができます。

神を信じる人々は、神が宇宙の創造主であると信じていますが、ラエリアンは異なる立場を取っています。 エロヒムは、宇宙が大宇宙と小宇宙の両方において、無限であることを示すことが出来ました。 私たちはある日生まれて、ある日死ぬので、無限の宇宙という概念は、多くの人には理解しがたいものです。そのため、私たちの身の回りにあるものはすべて、有限であると考えがちです。 しかし、無限の宇宙では、始まりも終わりもありません。 宇宙に存在するすべての物は、今までも常に存在しており、これからも常に存在し続けます。
まもなく私たちは別の惑星に旅して、エロヒムが私たちにしたのと同じ方法で、生命を創造し、私たち自身が「神」になる時が来るでしょう。

(宗教の)語源的な意味では、そうですね。 「宗教」という言葉は、時代を超えて多く使用され、誤用され、悪用されてきたので、最近では多くの人々が「宗教」と分類されるものを敬遠し、関わりたくないと思うのは、不思議ではありません。 同時に、多くの人々は「宗教」の本当の意味について間違った考えを持っていて、宗教をなんらかの神の信仰とみなしています。 「religion」(=宗教)という単語はラテン語「religare」に由来しており、例えば、人と人、人類の創造者たちと創造された人類、人間と星々、地球と空など、どんなつながりであれ、「つながりを作る」 という意味を持っています。

どういうつながりかは、本当にどうでもいいことです。なぜなら最も重要なことは、「このつながりを作る」ことだからです。

さらに、仏教のように、ラエリズム(Raelism、また、Raelianismとも言う)は無神論の宗教です。つまり、ラエリアンは「神」を信じていません。なぜなら、神は存在しないからです。 ヘブライ語聖書の原典では、「God」(=神)ではなく「Elohim」(エロヒム)と書かれており、「Elohim」は複数形になります。これを文字通りに翻訳すると、「天空から飛来した人々」となります。

また、ラエリアンは「神」を信じていませんが、創造主が存在するという考えを受け入れ、イエス、モハメッド、モーゼ、ブッダなどの昔の偉大な預言者を、今もなお認めていることも理解しておくことが重要です。その預言者たちはすべて,人類を知恵の道に導くために,歴史のさまざまな時代に,我々の創造者であるエロヒムによって遣わされたメッセンジャーたちでした。人類がエロヒムにふさわしい愛と敬意をもって彼らを歓迎する準備ができたとき、預言者たちは、私たちが建設する大使館に、彼らと一緒に戻ってくるでしょう。

はい、どなたでも私たちの集会に気軽に参加していただけます。 おもなイベントには、各大陸で毎年開催されるハピネス・アカデミーがあります。詳しくは、イベントセクションをご覧ください。

クロネイドは1997年にマイトレーヤ・ラエルによって開始されました。それは、ヒト・クローニングが、エロヒムによって説明された科学的永遠の生命への第一歩であるからです。 2000年、世界各地から希望する人たちを使ったヒトクローニングと言うアイデアへの強い関心を持っていたラエルは、ラエリアン司教であるブリジット・ボワセリエ博士が、最初の人間のクローンを実際に創る作業に着手できるようにするため、クロネイド・プロジェクトを同博士に引き渡すことを決めました。

それ以来、クロネイドはラエリアン・ムーブメントから完全に独立しています。 ラエルもラエリアン・ムーブメントも、クロネイドに一切資金は提供していませんし、クローニング技術に関する倫理的支援の他には、クロネイドとは全く関係を持っていません。 詳しくは clonaid.com をご覧ください。

マンジ(スワスティカ)のシンボルは、ヒトラーより何千年も前からあります。 ヒトラーがマンジを奪う以前、マンジは幸運の象徴として使われていました。 マンジがダビデの星の中に埋め込まれたこのシンボルは、人類最古のシンボルであり、私たちの創造主であるエロヒムのシンボルです。 それは、時間(マンジ)と空間(ダビデの星)の無限を表しています。スワスティカ_シンボル

エロヒムは、25,000年に及ぶ科学の進歩により、宇宙が時間と空間において無限であることを証明することが出来ました。つまり、質量に反比例することを表している卍で象徴される通り、時間において宇宙は無限であり、2つの三角形が反対方向を向いているダビデの星で象徴されるように、空間は大宇宙と小宇宙において無限であると言うことです。(上なる如く、下もまた然り)
この「幸運」のシンボルについて真実を学びたい方は、こちら→ProSwastika.org

ラエリアンは、エロヒムを人類の創造者として認める人々です。 神秘性を取り除いたラエリアン洗礼式に参加することを通して、エロヒムを人類の創造者と認める機会を提供しています。 ラエリアン洗礼式は年4回の指定日・・・4月の第1日曜日、8月6日、10月7日、12月13日・・・に開催されますが、これらの指定日はラエリアンの公式な祝日でもあります。

洗礼式は世界各国の現地時刻の午後3時に行われます。

ラエリアンの中でも活動的なメンバーは、組織の目標に貢献し、エロヒムの地球への帰還という、歴史上最も重要なイベントに向けて人類を準備させるために、世界を変革することを支援しています。

ラエリアンになりたい方、また、ラエリアン・ムーブメントの活動的な会員になりたい方は、詳細についてはあなたの国のラエリアン ムーブメントにお問い合わせください。

ラエリアン・ムーブメントには100人近くの名誉ガイド(男女)がいます。彼らは、ラエリアンではないですが、ラエリアンと同じように、暴力を減らし、不正や政府の腐敗や搾取を糾弾し、神に関連したタブーを取り除き、人権を促進することで世界を変えることに、自分の人生を捧げています。 名誉ガイドの全一覧はこちらです。

創造者からのメッセージ

1973年、ラエル氏のUFOとの遭遇において、創造者エロヒムから与えられた人類へのメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー