地球外生命体のための大使館を建てる

“特別な外交特権を求める地球外文明”

ET文明が私たちに連絡し、公式の接触のために私たちを準備するための兆候を提供していることはますます明らかになってきています。 一部の政府関係者や科学者は間違いなくすでにこのことを認識しています!

ラエリアン団体は国際的な非営利団体です。 それは、その真の起源を人類に知らせたい人々を結び付け、人間を含む地球上で生命を創造した非常に高度な地球外科学者、エロヒムによって送られた非常に特別なメッセージについて人々に伝えます。

しかし、この知識を広めることは、ラエリアンの唯一の目標ではありません。 私たちの組織のもう一つの主な使命は、私たちのクリエイターの帰還を歓迎するために公式の大使館を準備することです。

彼らの使者、マイトレーヤ・ラエルを通して、エロヒムは私たちに会いに来たいという願望を丁重に表明しました。 しかし、彼らはここに彼らの存在が歓迎されている場合にのみ帰還することを望んでいるで、彼らは最初に彼らの到着の前に適切な大使館を建設することによって彼らを招待したいという私たちの願望を示すことを求めています。

あの大使館は第三の神殿になるだろう
古代の聖典で予測されているように。

エロヒムが提供する詳述によると、それは治外法権の権利を与えられ、中立的な空域を保証された中立的な場所に構築されなければなりません。 このような大使館を提供し、その居住者の権利のために必要な保証を得ることは、人類がその作成者との公式会合の準備ができていることを証明します。

ラエリアン団体は最近、大使館プロジェクトの開催を検討するよう多くの国に要請し、いくつかの国はそのような空域のために積極的に割り当てることに関心を示している。 既に予備的な議論が進行中です。

関心を持った様々な政府に提示された文書に示すように、宇宙からの私たちの創造者のための大使館は、それをホストする国に大きな財政的利益をもたらすでしょう。 幸運な国家はまた、エロヒムの特別な保護を享受し、今後数千年の地球の宗教的、科学的な中心地になります。

Video Preview

詳細な計画と大使館の仕様は、