4月2日

ET大使館デーは、地球外文明を営むエロヒムを地球に歓待するプロジェクトを推進するため、マイトレーヤ・ラエルによって制定されました

エロヒム

エロヒムは平和に満ち、高度に文明を発展させた地球外生命体で、何千年も前から地球を訪れ、人類と交流してきました。 1973年、彼らはラエル氏と物理的に接触し、地球へ公式に帰還して世界の前に降り立つことができるよう、大使館の建設を彼に求めました。

私たちのミッション

私たちのミッションは、彼らにふさわしい敬意と愛をもって、平和な惑星にお迎えすることにあります。 UFOの目撃情報やミステリーサークルは実在しています。 彼らは、正式に会見する準備ができていることを私たちに伝えるため、そのような方法をとっているのです。

大使館の設計図:

彼らの帰還を歓迎しましょう!

私たちはその日を現実のものとし、人類史上最大のイベントを誰もが目撃することになります

第8回ET大使館デーを一緒に祝いましょう!

ワールド・プレミア

ET大使館プロジェクト:

建築図面の公開

2022年4月2日

一般向け発表

本プロジェクトのディレクターであるダニエル・タルコット、チーフアーキテクトのクロード・シェイ、プランナーのスティーブ・ゴールディが、「ET大使館」プロジェクトの建築設計図をご紹介するオンライン・イベントに、一般参加者をご招待します。

時間: 午前10時 ニューヨーク現地時間 (日本時間:4月2日 23時)
ZOOM room: 814 3231 7232

乞うご期待下さい!

このイベントに関するお住まいの地域での詳細情報については、以下より国名を選択してください。