ラエル氏のコメント:
ダホメ王国の女性戦士たちが、ヨーロッパの植民地支配者や奴隷商人を打ち負かす様子を描いたこの映画を観ました。 必見です!

『The Woman King』は、17世紀から19世紀にかけて西アフリカのダホメ王国を守った女性だけの戦士部隊「アゴージ」を描いた2022年のアメリカの歴史大作映画です。 1820年代を舞台に、敵と戦う次世代の戦士を育成する将軍役でヴィオラ・デイヴィスが出演しています。 監督はジーナ・プリンス=バイスウッド、脚本はダナ・スティーブンスがマリア・ベロと共同で書いた物語を基に執筆しています。 また、Thuso Mbedu、Lashana Lynch、Sheila Atim、Hero Fiennes Tiffin、John Boyegaが出演しています。

出典元 1

出典元 2

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Meta to restore Trump’s accounts

RAEL’S COMMENT: The …

Ecology in Norway

RAEL’S COMMENT: Mor …

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!