アパルトヘイト国のイスラエルに殺害されたラハフ・アル・マスリ君

ラエル氏のコメント:
ウクライナにまるわるロシアへの制裁は数多く発動されているのに、どうしてイスラエルへの制裁はないのでしょうか?

イスラエルとハマスの戦争が始まってわずか数分後、ガザのジャバリヤでバラア・アル・ガラブリーという5歳の男の子が殺害されました。

5月10日夜、同様の攻撃で16歳のムスタファ・オバイド君も殺害されています。

また同じ頃、ガザのベイト・ハヌーンで4人のいとこ、ヤザン・アル・マスリ(2歳)、マルワン・アル・マスリ(6歳)、ラハフ・アル・マスリ(10歳)、イブラヒム・アル・マスリ(11歳)が殺害されました。

従兄弟のムクリス・アル・マスリさんは「心は粉々です」と語っています。 「私たち家族の痛みは筆舌に尽くしがたいものです」

編注:「最近のイスラエルとハマスの紛争で殺害された少女のニュースを共有するソーシャルメディアユーザーが、その子の誤った写真を使用しています。この画像は、実際には、2015年に撮影された身元不明の少女のものです」

誤報記事

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。