世界のインフルエンザ死亡者数は年間646,000人

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
コロナという被害妄想が始まる以前、毎年40万人ほどの人がインフルエンザで亡くなっていました。

季節性インフルエンザによる世界での年間死亡者数が、従来の年間死亡者数25万人から50万人を上回り、29万1,000人から64万6,000人となる新たな推定値が発表されました。

米国疾病予防管理センターなどが発表した新たな数値は、12月13日付の医学雑誌『The Lancet』に掲載されます。

パンデミック時の死亡者数を含まない今回の更新値は、前回の推計値よりも大規模かつ多様な国々の最新データに基づいている、とCDCは述べています。

このデータは、1999年から2015年の間に最低4年間を対象に、季節性インフルエンザの数が多かった33カ国(世界人口の57%)から得られたものです。 その情報をもとに、世界185カ国のインフルエンザによる呼吸器系の死亡者数の推定値が作成されました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Researching all the negative will affect your immunity and detract from our mission.

RAEL’S COMMENT:  JU …

Fake reality

RAEL’S COMMENT:  An …

Mount Fanjing near Mount Fuji?

RAEL’S COMMENT:  Th …

Prehistoric if they are living now?

RAEL’S COMMENT:  Th …