決して忘れてはなりません

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:そして、彼らはあえて日本軍の真珠湾攻撃と比較しています…。真珠湾は軍事基地であり、標的はすべて軍事的なものでした。 広島と長崎は民間人がいっぱい暮らす都市で、軍事的な目標は何もなかったのです。

Never forget

 

1945年8月6日、アメリカはソ連に対して力を誇示するため、日本に原爆を投下しました…。

当時の隠された意図が何であったとしても、それはさらなる隠蔽工作であり、新たな偽旗作戦であったと私は確信しています…。主たるものとして核爆弾や大量破壊兵器、あるいはあらゆる類の武器は、世界平和にとって最悪の脅威です。

今日では、より洗練され、さらに致死性の高い武器、マインドコントロール、大衆操作、 大規模なパンデミック、ウイルス、偽旗作戦などが存在します。

私たちを分裂させようとするものです!
彼らは私たちに恐怖の下で生きることを望んでいます。

団結しましょう!
私たちは70億人以上です! 彼らは0.01%です。

 

August 6, 1945: US drops the bomb in Japan just to show his power over the Soviet Union …What ever the hidden agenda…

Posted by Maribel Mendoza Raelian on Friday, August 7, 2020

you might also like

Orban’s gang of 4 rejecting immigration in favor of pro-family policies

RAEL’S COMMENT:  Ma …

EUの外交政策責任者が「我々の」アフリカに立ち入らないようにと告げる

ラエル氏のコメント: ヨーロッパ人がアフリカを自分 …

Windows 3.0を紹介するビル・ゲイツ

ラエル氏のコメント: そして、人々はワクチン接種に …

ハドソン川の伐採作業員たち(1907年 ニューヨーク州グレンフォールズ付近)

ラエル氏のコメント: 森林伐採によっていかに地球が …