フェロー諸島、イルカの大量殺りくを受けて伝統的なイルカ漁を見直す

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
イルカによって毎日、屠殺されている何百万匹もの魚の群れは、捕食者の数が減ることを歓迎しています。

フェロー諸島の首相は、最近行われたカマイルカの捕獲で1,500頭近くが犠牲になったことを受け、カマイルカ捕獲に関する規制を見直すことを発表しました。

木曜日に声明を発表したBárður á Steig Nielsen首相は、「この問題を非常に深刻に受け止めている」とし、さらにこう述べています。「これらの捕獲は持続可能であると考えられていますが、私たちはドルフィン・ハントを注意深く観察し、フェロー諸島の社会でどのような役割を果たすべきかを検討しています。政府は、大西洋カマイルカの捕獲に関する規制の評価を開始することを決定しました」

先週、フェロー諸島で行われた『grindadráp』として知られるイルカ漁では、約1,500頭のカマイルカが殺されました。 この操業は規制の対象となっていますが、今回の規模は、一部の人々に怒りと驚きをもたらしています。

続きを読む

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

アメリカ発見の “起源” を問う古文書

ラエル氏のコメント: アメリカを “発 …

見る者に非常な満足感を与える男性

ラエル氏のコメント: これが生きているということで …

ヒトに存在する新たに発見された微生物

ラエル氏のコメント: 必見です! ラウール氏は、進 …

オルバン氏率いる4カ国は、移民を受け入れず中絶反対の政策をとったことでEUと衝突することに

ラエル氏のコメント: もっと子供を作り、外国の子供 …